ありがとう

暮らし

ありがとう

 

次男が友だちたちと一緒にせっせと作っていた秘密基地。

今日、高学年の子どもたちから壊されてしまいました。

駆けつけた次男に「おまえが作ってたって知らなくてごめんな。。。」って4人の男の子たちが謝りに来てくれました。「いいよ。。。」と次男。。。

帰り道で「また作ろうね。ママも手伝うよ。」と言いながら家へ向かっていた時、次男は走って家へ

後ろから「土屋さん!土屋さん!」って、振り向くと近所のおじさんが…

「基地を壊してる子がいたから注意して、お宅の子の所に謝りに行けって言っといたから子どもたちが謝りに来るかもしれないよ。」

って…なんだか一気に沈んだ気持ちがあったかくなりました。

次男が日が暮れるまで一生懸命、流木を運んで基地を作っていたのを散歩の時に見ていてくれたおじさん。基地を作っている空き地は公共の場でいつ壊されても仕方のないことだけど…

あ〜こうやって息子たちは地域の人に見守られ育っているのだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

次男はこりずにまた海へ…基地を解体し、作り直しに出かけました。

私も手伝いに行って来るか♪

おじさん、ありがとうございます。

伊豆ってあったかい。