自分の山の木の家

  • 場所 : 群馬県
  • 建築 : 2013年

林業を営んでいるオーナー様が先祖代々育ててきた自分の山の木で建てた住宅です。
土台は栗、柱は天然桧、梁は杉、床•壁は天然桧の無垢板、山の木を適材適所に使い分けて使用しております。
山で伐採した木を5ヶ月葉枯らしし、その後運び出し、我が社の工場に運搬し製材、燻煙乾燥し、加工そして現場に搬入、内装材、建具材は良い部分を使い分け加工という工程で進めました。
すべて自社工場で設備を整えているため可能になりました。磨き丸太や天然桧の柱がすばらしい木の家です。

木の家の施工事例一覧に戻る